工事工法情報

鉄骨基礎アンカーベースモルタル工法

SRC構造のみならずS造の根巻の鉄骨基礎ベースとアンカーを含めてあと施工のアンカー・ベースモルタル工法として開発、ご愛顧賜わっております。

鉄骨基礎ベースとアンカーをあと施工する工法。基本墨を出すのみで、正確且つ早くアンカー施工が可能です。無収縮モルタルによりレベルからベース設置が可能です。

仕様材料

  • 無収縮モルタル
  • 樹脂接着系カプセルorチューブタイプ
  • 固定アンカーボルト
  • 全ねじボルト(N・W付)

施工手順

step1

アンカー・ベース位置の墨だし。

photo

step2

アンカー所定位置へ穴あけ
アンカー設置作業を行います。

photo

step3

アンカー位置をテンプレートで確認。

photo

step4

吸水防止剤をベース接地部に塗布。

photo

step5

型枠を設置。
レベルポイントの確認。

photo

step6

レベルポイントまでモルタル打設。
セルフレベリング
硬化養生

photo

step7

鉄骨設置
ベース圧縮強度・20℃時
1日・23~29・N/mm2

photo

step8

コンクリート打設状態

photo
用途から探す
製品から探す